再生ソフトウェアの設定

USB DAC製品でのハイレゾ再生、DSD再生の設定方法等



OS毎のデジタル音声再生方式の違い

MacOS X

MacOS X では、特にドライバー等のインストールは必要なく、USB DAC製品とUSBケーブルで接続するだけで自動認識されます。

MacOS X には、OS自体にデジタル音声を劣化させずに、直接 USB DAC に送る仕組みが備わっているため、音楽再生ソフトに限らず、YouTube などWebブラウザ上の再生音やソフトウェアなど、OS上の全てのアプリケーションの音声を、常に USB DAC の性能を最大限に引き出した高音質で再生することが出来ます。

 

尚、MacでのDSD形式の再生は「DoP(DSD over PCM)方式」対応機種(DS-200)に限られ、QS-9、Q9およびDS-100+でのDSD形式の再生には対応していませんのでご注意ください。

 

Windows

Windowsでは、基本的には USB DAC の機種ごとに専用のドライバー(ASIOドライバー)をインストールする必要があります。USB DAC を複数お持ちの場合は、USB DAC の種類分のドライバーのインストールが必要です。

OS標準の機能(Direct Sound, DS)では、一旦OS上のサウンドミキサーで各種アプリや警告音などの音声がミックスして出力され、その過程でどうしても音質が劣化してしまうため、それを迂回して USB DAC に直接ピュアな音楽データを送るために、専用のドライバーが用意されています。

 

尚、このASIOドライバーは対応する音楽再生/編集ソフトでのみ有効で、Webブラウザ等、通常のアプリケーションは対応していません。

また、現在広く用いられているDSDの再生方式には「DoP方式」と、主にWindowsのみ対応する「DSDネイティブ方式」の2種類があり、DS-200は「DoP方式」に、QS-9、Q9およびDS-100+は「DSDネイティブ方式」に対応しています。

 

Linux, iOS, Android 等その他のOS

Linux については、バリエーションやバージョンが非常に多岐にわたるため、検証や動作保証が難しく、基本的にはサポート対象外としています。

iOS, Android に関しては、一部の機種で、アダプタやOTGケーブルを使うことでハイレゾ音源を再生できる場合がありますが、現時点では正式対応とはしておらず、サポート対象外としておりますので、ご了承ください。


MacOS: Audirvana Plus での設定

Macでのハイレゾ音源の再生には、音質と操作性に優れ、iTunes統合モードも搭載する定番ソフト「Audirvana Plus」 (有料)のご利用を推奨しています。

DS-200(DoP対応機)での設定例

 

DoP(DSD over PCM)対応機は、DSD再生ソフトでも「DoP」に対応させる設定を行います。

  1. メニューの「Audirvana Plus」→「Preference」にて「Audio System」アイコンを選択します。

  2. 次の画面の「Change」で「DS-200 USB DAC」を選択し、「Native DSD Capability」のリスト項目から「DSD over PCM standard 1.0」を選択して完了です。

DS-100+, QS-9, Q9での設定例

 

この機種では、MacOS XでのDSD再生には対応していませんので、次のように設定します。

  1. メニューの「Audirvana Plus」→「Preference」にて「Audio System」アイコンを選択します。
  2. 次の画面の「Change」で
    DS-100+:「DS-100 USB DAC
    QS-9:「QS-9 USB Audio I/F
    Q9:「Q9 USB Audio Interface
    を選択し完了です。

Windowsでの事前準備

Windows では、「ダウンロード」ページより、お使いの機種用のドライバソフトウェア(ASIOドライバ)をインストールすることで、ASIO及びDSD再生に対応できるようになります。

予め、マニュアルに従ってドライバーのインストールとWindowsの基本設定を行ってください

 

尚、DS-100+/Q9/QS-9とDS-200とでは、ドライバーの種類が異なりますので、もし両方の機種をお使いの場合はそれぞれ両方のドライバーをインストールしてください。


Windows: JRiver Media Center

WIndowsでのハイレゾ音源の再生には、設定が容易で音質や操作性、機能にも優れた、定番ソフト「JRiver Media Center」 (有料)のご利用を推奨しています。

インストール方法等については、ソフトウェア提供ベンダーのマニュアル等を参照ください。

DS-200(DoP対応機)での設定例

 

DoP(DSD over PCM)対応機は、DSD対応再生ソフトでも「DoP」に対応させる設定を行います。

インストール直後は英語表示になっていますが、設定で予め日本語表示にした画面を例に解説します。

  1. メニューの「ツール」→「オプション」を選択します。

  2. 次の画面の赤枠の部分をクリックして、図のように項目をリストから選択・設定します。
  1. 次に、この画面の「オーディオディバイス」の下にある「... デバイスの設定...」をクリックします。

  2. すると、次のような画面が現れるので、図中赤枠の「DSDビットストリーミングをDoPデータ形式にする」にチェックを入れて「終了」をクリックします。以上で設定は完了です。

Q9, DS-100+での設定例

 

Windows用ASIOドライバーによるDSDネイティブ再生対応機は、比較的簡単な設定で済みます。

具体的には、上記DoP対応機の設定方法のうち、1. および 2. の設定を行うだけで完了です。

 

尚、1. の画面での「オーディオデバイス」名は「BRAVO-X」を選択してください。


Windows: foobar2000

「foobar2000」は、Windowsでハイレゾ音源が再生できるフリーウェアとして有名ですが、DSDを再生するための設定が、USB DAC の機種によっても異なり、非常に複雑なため、上級者向けの再生ソフトとも言えます。

そのため、初めてハイレゾ再生を行おうという方には、JRiver Media Center を推奨しております。

 

foobar2000 は、それ自身では DSD ネイティブ再生が行えないため、別途オープンソース/フリーウェアとして公開されている「コンポーネント」を追加し、USB DACの機種に合った設定を行う必要があります。


foobar2000でのDSD再生に利用する追加コンポーネント「Super Audio CD Decoder」は、バージョンによって仕様が大きく異なり、弊社のUSB DACでは、Ver.0.8.4でのみ正常動作を確認しております

そのため、他社製のDSD対応USB DACをすでにお持ちで、Ver.0.8.4 以外のバージョンをインストールされている場合は、正常に設定が行えない場合があります。

foobar2000のインストールと必要なコンポーネントのダウンロード

 foobar2000にて、ASIO方式の再生及びDSDファイルの再生を行うには、foobar2000本体のインストールに加え、次のコンポーネントを別途ダウンロードし、追加インストールする必要があります。

 

foobar2000本体

  • Download foobar2000
    最新の安定版("Latest stable version")をインストールしてください。

必要なコンポーネント

  • ASIO support 2.1.2(foo_out_asio)
  • Super Audio CD Decoder - foo_input_sacd 0.8.4
    最新版ではなく、必ず Ver.0.8.4 をダウンロードしてください。

    ※もしすでに他のUSB DAC用に、Ver.0.8.4以降のバージョンをインストールしている場合は、正常に設定が行えない可能性があります。その場合は、foobar2000以外の再生ソフトのご利用を推奨します。

foobar2000へのコンポーネントの追加

  1. ダウンロードした ASIO support 2.1.2 のファイル「foo_asio_out.fb2k_component」を右クリックして「Install」を選択します。
    (事前に foobar2000 をインストールしてあるとこのメニューが現れます)

次のようなダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。

 

すると、foobar2000が自動的に起動し、「Components」の画面が開くので、そのままにしておきます。

  1. ダウンロードした Super Audio CD Decoder「foo_input_sacd-0.8.4.zip」を展開(解凍)し、先程と同様に「foo_input_sacd.fb2k-compomnent」を右クリックして「Install」を選択します。

次のようなダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。

  1. 続いて、同じフォルダ内の「ASIOProxyInstall-0.8.3」をダブルクリックしてインストールします。

画面の指示に従ってインストールを進めます。

  1. 先程インストールしたモジュール「foo_out_asio」と「foo_input_sacd」が、foobar2000に仮追加された状態になっているので、「OK」をクリックしてインストールを完了させます。

foobar2000の再起動を促すダイアログが表示されるので、「OK」をクリックして、foobar2000を再起動します。

foobar2000 の Preferences → Components 画面を開き、

  • ASIO Support 2.1.2
  • Super Audio CD Decoder 0.8.4

が正常にインストールされていることを確認します。

foobar2000でのDSDネイティブ再生の設定

弊社製品のDSD対応は、機種によって

  • DSD ASIOネイティブ方式(DS-100+, QS-9, Q9
  • DSD DoP方式(DS-200

の2種類があり、それぞれ設定方法が一部異なります。

 

  1. 全機種共通
    まず、Preferences → Output で Device メニューから
    ASIO: foo_dsd_asio
    を選択します。
  1. 全機種共通
    Output → ASIO を選択し、画面右の
    Add New」をクリックします。

  1. 全機種共通
    次の画面が表示されるので、Driver メニューから「foo_dsd_asio」を選択し、「Configure」ボタンをクリックします。
  1. DS-100+, QS-9, Q9
    次の画面が表示されるので、赤枠の中を図のように
    ・BRAVO-X
    ・ASIO Native
    ・DSD64
    に設定後、右上の「×」をクリックしてウィンドウを閉じます。
  1. DS-200
    次の画面が表示されるので、赤枠の中を図のように
    ・BRAVO-HD
    ・DoP Marker 0x05/0xFA
    ・DSD128
    に設定後、右上の「×」をクリックしてウィンドウを閉じます。

以上で、foobar2000の設定は完了です。