再生ソフトウェアの設定

USB DAC製品でのハイレゾ再生、DSD再生の設定方法等


参考:再生ソフト(ASIOドライバー対応)のSoundfort製品対応状況

ソフトウェア名 対応OS DSD対応

Soundfort

製品対応

有償/無償
Audirvana Plus Mac, Win Mac: ○, Win: △ 有償(試用可)
VOX Mac 非対応 無償利用可
JRiver Media Center Win, Mac 有償(試用可)
foobar2000 Win 無償
TuneBrowser Win 無償利用可
Sony Music Center for PC Win ○ (DoP非対応) 無償
PrimeSeat Win, Mac ○ (Win: DoP非対応) Win: △, Mac: ○ 無償利用可

OS毎のデジタル音声再生方式の違い

macOS/MacOS X

MacOS X では、特にドライバー等のインストールは必要なく、USB DAC製品とUSBケーブルで接続するだけで自動認識されます。

MacOS X には、OS自体にデジタル音声を劣化させずに、直接 USB DAC に送る仕組みが備わっているため、音楽再生ソフトに限らず、YouTube などWebブラウザ上の再生音やソフトウェアなど、OS上の全てのアプリケーションの音声を、常に USB DAC の性能を最大限に引き出した高音質で再生することが出来ます。

 

尚、MacでのDSD形式の再生は「DoP(DSD over PCM)方式」対応機種(DS-200)に限られ、QS-9、Q9およびDS-100+ではDSD形式の再生に対応していませんのでご注意ください。

 

Windows

  • ASIOドライバーとは

Windowsでは、基本的には USB DAC の機種ごとに専用のドライバー(ASIOドライバー)をインストールする必要があります。USB DAC を複数お持ちの場合は、USB DAC の種類分のドライバーのインストールが必要です。

OS標準の機能(Direct Sound, DS および WASAPI共有モード)では、一旦OS上のサウンドミキサーで各種アプリや警告音などの音声がミックスして出力され、その過程でどうしても音質が劣化してしまうため、それを迂回して USB DAC に直接ピュアな音楽データを送るために、また、Windows標準(WASAPI排他モード含む)では非対応のDSD形式に対応するために、専用のドライバー(ASIOドライバー)が用意されています。

 

尚、ASIOドライバーは、ASIOに対応する音楽再生ソフト/編集ソフト(DAW)でのみ有効で、Webブラウザ等、通常のアプリケーションの多くは対応していません。

 

※「Direct Sound」は Windows XP以前のOSの名残で、Windows Vista以降は「WASAPI(Windows Audio Session API)」がOS標準の機能となっています。技術的詳細は、下記Microsoft社の開発者向けブログ記事等を参照ください:
Windows7 オーディオアーキテクチャの概要 – Windows Multimedia Hacks

  • DSDの転送方式

現在広く用いられているDSDの転送方式には「DoP方式」と、主にWindowsのみ対応する「AISOネイティブ方式」の2種類があり、DS-200は「DoP方式」に、QS-9、Q9およびDS-100+は「ASIOネイティブ方式」に対応しています。

機種 DSD伝送方式 DSD対応スペック
DS-200 DoP (DSD over PCM 1.1) DSD64(2.8MHz), DSD128(5.6MHz)
DS-100+, QS-9, Q9 ASIOネイティブ DSD64(2.8MHz)

Linux, iOS, Android 等その他のOSやDAP

Linux については、バリエーションやバージョン、動作用環境が非常に多岐にわたるため、検証や動作保証が難しく、基本的にはサポート対象外としています。

 

iOS, Android に関しては、一部の機種で、アダプタやOTGケーブルとハイレゾ対応再生アプリを使うことでハイレゾ音源を再生できる場合がありますが、再生可能な条件が流動的なため、現時点ではサポート対象外としておりますので、ご了承ください。

 

また、USBデジタル出力が可能なハイレゾDAP(デジタルオーディオプレイヤー)においても、同様に一部の機種でハイレゾ音源を再生できる場合がありますが、現時点ではサポート対象外としております。


Windowsでの事前準備

Windows では、「ダウンロード」ページより、お使いの機種用のドライバソフトウェア(ASIOドライバ)をダウンロードしPCにインストールすることで、ASIOによる高音質再生及びDSD再生に対応するようになります。

予め、「ドライバーのインストール」ページの解説に従ってドライバーのインストールとWindowsの基本設定を行ってください

 

尚、DS-100+/Q9/QS-9とDS-200とでは、ドライバーの種類が異なりますので、もし両方の機種をお使いの場合はそれぞれ両方のドライバーをインストールしてください。

機種 ドライバー名 ASIO転送設定・状態表示ソフト名
DS-200 BRAVO-HD BRAVO-HD Audio CPL
DS-100+, QS-9, Q9 BRAVO-X BRAVO-X ACPL

Audirvana Plus (Mac/Windows 10)

Mac編

Macでのハイレゾ音源の再生には、圧倒的な高音質と操作性に優れ、iTunes統合モードも搭載する定番ソフト「Audirvana Plus」 (有料)のご利用を推奨しています。

DS-200(DoP対応機)での設定例

 

DoP(DSD over PCM)対応機は、DSD再生ソフトでも「DoP」に対応させる設定を行います。

  1. メニューの「Audirvana Plus」→「Preference」にて「Audio System」アイコンを選択します。

  2. 次の画面の「Change」で「DS-200 USB DAC」を選択し、「Native DSD Capability」のリスト項目から「DSD over PCM standard 1.1」を選択して完了です。

DS-100+, QS-9, Q9での設定例

 

この機種では、MacOS XでのDSD再生には対応していませんので、次のように設定します。

  1. メニューの「Audirvana Plus」→「Preference」にて「Audio System」アイコンを選択します。

  2. 次の画面の「Change」で
    DS-100+:「DS-100 USB Audio
    QS-9:「QS-9 USB Audio I/F
    Q9:「Q9 USB Audio Interface
    を選択し完了です。

Windows 10 編

Audirvana Plus for Windows 10

Macで定評ある高音質ハイレゾ再生ソフトのWindows 10専用版(有料/15日間の試用可)です。

2018年7月にリリースされましたが、現時点(2018年末)ではまだ若干動作が不安定な部分がありますので、参考として設定を紹介します。

DS-200(DoP対応機)での設定例

※DS-100+/QS-9/Q9 での動作は未確認ですが、下記の1.で「BRAVO-X」を選択するだけで使用できると思われます(2, 3の設定は不要)。

  1. 画面右下のUSB端子の形をしたアイコンをクリックし、ポップアップした「DAC」選択メニューで「ASIO」を選択し、「BRAVO-HD」をクリックします。
  1. 次の設定画面の「Native DSD streaming method」の項目で「DSD over PCM 1.1」を選択します。
  1. 設定画面を一番下までスクロールしたところにある、「For bridge devices connected to a DAC」のカテゴリ内、「Maximum sample rate」の項目で「192kHz」を選択します。
    ※動作の安定のため、DS-200の最大サンプリング周波数である192kHzに制限する設定です。

VOX (Mac)

無償で使用できる、シンプルなハイレゾ再生ソフトです。(フル機能は有償)

DSDのネイティブ再生には対応していませんが、PCM変換での再生は可能です。

VOXでは、音声出力先を選択するだけで再生可能で、特に細かな設定は必要ありません。

  1. メニューの「VOX」→「Preferences...」にて「Audio」アイコンを選択します。

  2. 次の画面の「Output:」で
     DS-200:「DS-200 USB DAC. /2ch
     DS-100+:「DS-100+ USB Audio. /2ch
     QS-9:「QS-9 USB Audio I/F
    . /2ch
     Q9:「Q9 USB Audio Interface
    . /2ch

    を選択し完了です。

JRiver Media Center (Windows)

WIndowsでのハイレゾ音源の再生には、設定が容易で音質や操作性、機能にも優れた、定番ソフト「JRiver Media Center」 (有料)のご利用を推奨しています。

インストール方法等については、ソフトウェア提供ベンダーのマニュアル等を参照ください。

DS-200(DoP対応機)での設定例

 

DoP(DSD over PCM)対応機は、DSD対応再生ソフトでも「DoP」に対応させる設定を行います。

インストール直後は英語表示になっていますが、設定で予め日本語表示にした画面を例に解説します。

  1. メニューの「ツール」→「オプション」を選択します。

  2. 次の画面の赤枠の部分をクリックして、図のように項目をリストから選択・設定します。
  1. 次に、この画面の「オーディオディバイス」の下にある「... デバイスの設定...」をクリックします。

  2. すると、次のような画面が現れるので、図中赤枠の「DSDビットストリーミングをDoPデータ形式にする」にチェックを入れて「終了」をクリックします。以上で設定は完了です。

DS-100+/QS-9/Q9での設定例

 

Windows用ASIOドライバーによるDSDネイティブ再生対応機は、比較的簡単な設定で済みます。

具体的には、上記DoP対応機の設定方法のうち、1. および 2. の設定を行うだけで完了です。

 

尚、2. の画面での「オーディオデバイス」名は「BRAVO-X」を選択してください。

 


foobar2000 (Windows)

「foobar2000」は、Windowsでハイレゾ音源が再生できるフリーウェアとして有名ですが、DSDを再生するための設定が、USB DAC の機種によっても異なり、非常に複雑なため、上級者向けの再生ソフトとも言えます。

そのため、初めてハイレゾ再生を行おうという方には、JRiver Media Center を推奨しております。

 

foobar2000 は、それ自身では DSD ネイティブ再生が行えないため、別途オープンソース/フリーウェアとして公開されている「コンポーネント」を追加し、USB DACの機種に合った設定を行う必要があります。


foobar2000でのDSD再生に利用する追加コンポーネント「Super Audio CD Decoder」は、バージョンによって仕様が大きく異なり、弊社のUSB DACでは、Ver.0.8.4でのみ正常動作を確認しております

そのため、他社製のDSD対応USB DACをすでにお持ちで、Ver.0.8.4 以外のバージョンをインストールされている場合は、正常に設定が行えない場合があります。

foobar2000のインストールと必要なコンポーネントのダウンロード

 foobar2000にて、ASIO方式の再生及びDSDファイルの再生を行うには、foobar2000本体のインストールに加え、次のコンポーネントを別途ダウンロードし、追加インストールする必要があります。

 

foobar2000本体

  • Download foobar2000
    最新の安定版("Latest stable version")をインストールしてください。

必要なコンポーネント

  • ASIO support 2.1.2(foo_out_asio)
  • Super Audio CD Decoder - foo_input_sacd 0.8.4
    最新版ではなく、必ず Ver.0.8.4ダウンロードしてください。

    ※もしすでに他のUSB DAC用に、Ver.0.8.4以降のバージョンをインストールしている場合は、正常に設定が行えない可能性があります。その場合は、foobar2000以外の再生ソフトのご利用を推奨します。

foobar2000へのコンポーネントの追加

  1. ダウンロードした ASIO support 2.1.2 のファイル「foo_asio_out.fb2k_component」を右クリックして「Install」を選択します。
    (事前に foobar2000 をインストールしてあるとこのメニューが現れます)

次のようなダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。

 

すると、foobar2000が自動的に起動し、「Components」の画面が開くので、そのままにしておきます。

  1. ダウンロードした Super Audio CD Decoder「foo_input_sacd-0.8.4.zip」を展開(解凍)し、先程と同様に「foo_input_sacd.fb2k-compomnent」を右クリックして「Install」を選択します。

次のようなダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。

  1. 続いて、同じフォルダ内の「ASIOProxyInstall-0.8.3」をダブルクリックしてインストールします。

画面の指示に従ってインストールを進めます。

  1. 先程インストールしたモジュール「foo_out_asio」と「foo_input_sacd」が、foobar2000に仮追加された状態になっているので、「OK」をクリックしてインストールを完了させます。

foobar2000の再起動を促すダイアログが表示されるので、「OK」をクリックして、foobar2000を再起動します。

foobar2000 の Preferences → Components 画面を開き、

  • ASIO Support 2.1.2
  • Super Audio CD Decoder 0.8.4

が正常にインストールされていることを確認します。

foobar2000でのASIO/DSDネイティブ再生の設定

ASIO再生およびDSDネイティブ再生のための設定を行います。

※DSD再生を行わない場合もASIO再生に必要ですので、この設定を行ってください。

 

弊社製品のDSD対応は、機種によって

  • DSD ASIOネイティブ方式(DS-100+, QS-9, Q9
  • DSD DoP方式(DS-200

の2種類があり、それぞれ設定方法が一部異なります。

 

  1. 全機種共通
    まず、Preferences → Output で Device メニューから
    ASIO: foo_dsd_asio
    を選択します。
  1. 全機種共通
    Output → ASIO を選択し、画面右の
    Add New」をクリックします。

  1. 全機種共通
    次の画面が表示されるので、Driver メニューから「foo_dsd_asio」を選択し、「Configure」ボタンをクリックします。
  1. DS-100+, QS-9, Q9
    次の画面が表示されるので、赤枠の中を図のように
    ・BRAVO-X
    ・ASIO Native
    ・DSD64
    に設定後、右上の「×」をクリックしてウィンドウを閉じます。
  1. DS-200
    次の画面が表示されるので、赤枠の中を図のように
    ・BRAVO-HD
    ・DoP Marker 0x05/0xFA
    ・DSD128
    に設定後、右上の「×」をクリックしてウィンドウを閉じます。
  1. 全機種共通
    Preferences → Tools で「SACD」を選択し、画面右の「Output Mode:」が「PCM」になっている場合「DSD」に変更します。

以上で、foobar2000の設定は完了です。


TuneBroweser (Windows)

日本人開発者によるフリーウェア(取扱ファイル数制限あり)/シェアウェア(無制限)として、非常に高機能で人気の高まっているハイレゾ対応再生ソフトです。

DSDの再生にも完全対応し、基本設定は簡単ながら高度にカスタマイズできるため、初心者から上級者まで満足できるのではないでしょうか。

 

Microsoftストア版(UWP版)」と「スタンドアローン版」があるため、Windows 10 では「Microsoftストア」からインストールすることもできます。

基本設定例

  1. 「ファイル」 →「設定(P)...」を選択し、「設定」画面、左ツリーの「再生の設定」を選択します。
  1. 「設定」画面右側に表示された「再生に使用するデバイスの選択」にて、

    • DS-200:
      BRAVO-HD
    • DS-100+/QS-9/Q9:
      BRAVO-X

    を選択します。
  1. DS-100+/QS-9/Q9

    「設定」画面、左ツリーの「ASIOの設定」を開き、「BRAVO-X」を選択した際に、画面右側「DSD関連の設定」が右図のようになっていることを確認します。(デフォルトでこの状態になっていると思います)

    以上で「OK」ボタンをクリックし、基本設定は完了です。
  1. DS-200

    「設定」画面、左ツリーの「ASIOの設定」を開き、「BRAVO-HD」を選択し、画面右側「DSD関連の設定」で「DoPに対応しているデバイス」の項目を「Yes」に変更します。

    以上で「OK」ボタンをクリックし、基本設定は完了です。

Sony Music Center for PC (Windows)

ソニー製品のためのソフトウェアのため、Soundfort製品での利用についてはサポート外となります。

Ver.1.0 および 2.0にて一部動作は確認できていますが、動作上制限事項が多くありますので、Soundfort製品での利用は推奨しません。

制限事項・動作状況

DS-200

  • ASIOドライバーを使用したDSDの再生は行なえません。PCMへの自動変換もされません。
  • 44.1kHzのPCM音源を再生すると、176.4kHzにアップサンプリングされて転送されます。
    88.2kHz, 96kHz, 192kHz の各PCM音源は音源のスペック通りで転送されます。

DS-100+/QS-9/Q9

  • ASIOドライバーを使用してDSDの再生は行なえますが、再生時にPCM(88.2kHz)に変換されて再生されます。

設定例(参考)

  1. DS-200
    画面右側のスピーカーの形をしたアイコン
    クリックし、「○ ASIO BRAVO-HD」を選択します。
    以上で設定は完了です。
  1. DS-100+/QS-9/Q9
    画面右側のスピーカーの形をしたアイコン
    クリックし、「○ ASIO BRAVO-X」を選択します。
    以上で設定は完了です。
  1. その他(備考)
    スピーカーの形をしたアイコンをクリックした際の右上の歯車アイコンをクリックすると、「ASIO/WASAPI排他設定」という画面が表示されますが、特に設定事項はありません。
    ※Ver.1.0と2.0で大きく変わっているため、将来のバージョンでまた変わるかもしれません。

PrimeSeat (Windows/Mac)

日本のクラシックやジャズなどのライブ配信をDSD及びPCMのハイレゾ音声で聴取できるサービスです。

Windows および Mac に対応していますが、提供されている再生用ソフトウェアと弊社USB DACの仕様上、DSD形式での配信については次の制限があります

機種 OS DSD 11.2MHz DSD 5.6MHz DSD 2.8MHz
DS-200 Windows PCMに変換再生
Mac DSDネイティブ再生(5.6MHzに変換) DSDネイティブ再生
DS-100+/QS-9/Q9 Windows DSDネイティブ再生(2.8MHzに変換) DSDネイティブ再生
Mac PCMに変換再生

Windows編

PrimeSeat アプリのWindows版はDSDはASIOネイティブ伝送方式にしか対応していません。

そのため、DS-200(DSDはDoP伝送方式のみ対応)ではPCM形式に変換する設定を行います。
DS-100+/QS-9/Q9(DSDのASIOネイティブ伝送に対応)ではDSDのまま再生する設定になります。

  1. 全機種共通
    画面右側のメニュー
    「≡」をクリックして「オーディオ設定」を選択します。
  1. DS-100+/QS-9/Q9
    「ドライバー名」にて「BRAVO-X」を選択します。
    以上で設定は完了です。
  1. DS-200
    「ドライバー名」にて「BRAVO-HD」を選択します。
  1. DS-200
    「サンプリング周波数」の「自動切替」をOFFにし、メニューから「192000」を選択します。

    ※主にDSD形式の配信を再生する場合は、DSDの周波数の整数分の1に変換される「176400」でも構いません。

Mac編

PrimeSeat アプリのMac版は、macOS, MacOS Xが標準で対応するDSD伝送方式「DoP」に対応しています。

そのため、DS-200(DSDのDoP伝送方式に対応)ではDoPを有効にする設定を行います。
DS-100+/QS-9/Q9 はMac接続時にはDSD非対応のため、自動的にPCMに変換されて再生されます。

  1. 全機種共通
    画面右側のメニュー
    「≡」をクリックして「オーディオ設定」を選択します。
  1. DS-100+/QS-9/Q9
    「ドライバー名」にて機種名に合わせて
    • DS-100+:「DS-100+ USB Audio
    • QS-9:「QS-9 USB Audio I/F
    • Q9:「Q9 USB Audio Interface
    を選択します。以上で設定は完了です。
  1. DS-200
    「ドライバー名」にて「DS-200 USB DAC」を選択し、その下の「DoPを有効にする」にチェックを入れます。

    以上で設定は完了です。