DS-200 

DSD5.6MHz(DoP), PCM192kHz/32bit対応、ハイパフォーマンスUSB DAC登場。

2015年12月発売


多彩な入出力を持つデジタル基板とアナログ基板を分離した新設計の基板など、音質と使いやすさに一段と磨きをかけ、価格帯を超える高音質を実現しました。

DACにはPCM1795を採用し、PCM 192kHz/32bit に加え DSD128(DoP) にも対応(Mac/Win)。

 

 

DS-200

¥37,200

  • 配送期間:1-3日



機能・特徴 / Feature


新設計のデジタル/アナログ独立基板で信号・電源共に分離

内部基板にはアナログ回路/デジタル回路を分離した新設計の独立レイアウトを採用し、アナログ/デジタル回路間の干渉を大幅に抑制すると共に、各回路パターンの最適化を図ることで、小型の筐体ながら、単体ヘッドホンアンプにも匹敵する、シンプルかつ合理的で無理のないアナログ回路レイアウトを実現しています。

PCM1795+SA9226 の定評ある高音質DAC部

DACには上位機で定評あるTI社製PCM1795を、USB I/F には SA9226 を採用し、PCM 192kHz/32bit および DSD 5.6MHz(DoP)に対応。Mac/Windows 共に DSD 音源の再生が可能です。(Windows は専用のASIOドライバーのインストールが必要)

USB接続にはAsyncモードを採用し、ジッターノイズを低減している他、アナログ部とデジタル部で独立した電源供給とノイズフィルター、各サンプリング周波数用に高精度のTCXO(温度補償型水晶発振器)の搭載、デジタルフィルターのチューニングにより、高性能DAC PCM1795 のもつ性能を最大限に発揮させる設計とし、極めてピュアでストレートな瑞々しい音を実現しています。

ピュア&クリーンな電源回路を搭載しS/N比を向上

電源にはパソコン側で変動しやすいUSBバスパワーを使用せず、ACアダプターで安定したDC電源を供給。

電源入力部にはノイズフィルターに加え、DC-DCコンバーター出力にスイッチングノイズ除去フィルターを搭載。さらに、大容量コンデンサの採用も相まってアナログ回路を極めてノイズの少ない安定した±12V電源で駆動。ダイナミックレンジの確保とS/N比の大幅な向上(RCA出力時 114dBA)を実現しました。 

小型の筐体に多彩なデジタル入出力を搭載

 

デジタル入力は、USB入力の他にS/PDIF同軸デジタル入力及び光デジタル入力を備え、さらに丸型コネクタの光デジタル出力を搭載するなど、クラスで類を見ない多彩な入出力端子で、あらゆるデジタル機器との接続を可能とし、デジタルオーディオの中核としてもご利用頂けます。

ステレオミニヘッドホン端子の採用、専用のアルミ削り出しノブ・スイッチ、LED表示で使い勝手を向上

本体前面パネルには、入力されたデジタル信号のサンプリング周波数表示LEDと、PCM/DSDモード表示LEDを装備。電源及び入力切り替えには、軽いタッチで操作できるアルミ削り出しのプッシュボタンを新たに採用しています。

ヘッドホン出力部には、定評ある高性能ヘッドホンアンプIC TPA6120A2 を採用。ヘッドホンジャックは、あえて市場で一般的なφ3.5mmステレオミニタイプとし、質感の高いアルミ削り出しのボリュームノブを採用するなど、使う楽しみと日常的な使いやすさを高めています。

熟練のエンジニアによる数十パターンに及ぶ基板の試作・部品の選定により「聴感上の音質」を徹底的に追求

「Soundfort」ブランド製品の強みとも言えるのが、アナログ/デジタル技術に精通した熟練の日本人設計者による、試作・試聴を繰り返しながらの回路構成や使用部品の十分な検討。

DS-200では、実に22回に及ぶ基板の試作と試聴の繰り返しによる音響チューニングを徹底的に行い、理論や部品のスペックだけでは計算できない「聴感上」最も特性のよい回路パターンや部品配置を導き出し、クラスを超えた精緻かつダイナミックで音楽性豊かな高音質を実現しています。

 

おそらく、初めてDS-200の音を聴いた時、この価格の小さな箱からその音が出ているとは想像しがたいでしょう。日本人のクラフトマンシップの真骨頂が宿るこの音を、ぜひ多くの方々に聴いて頂ければと思います。

メディアレビュー・記事


Phile-web」様

ハイコスパで人気のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ、Soundfort「DS-200/DS-100+」を試す (1/4) - Phile-web(2016.12)

オーディオ評論家土方久明氏に、DS-200およびDS-100+を、様々な角度からレビューして頂いております。

 

ITmedia LifeStyle」様

大事なのは心地よさ:聞き流す音から、聴き惚れる音へ――技術者のこだわりが詰まったDAC、サウンドフォート「DS-200」を聴く(2016.4)

オーディオ評論家の山本敦氏によるヘッドホン・イヤホンでの試聴を中心に、技術的知見も踏まえてその魅力を詳細に紹介頂いております。

 

共同通信社 OVO (オーヴォ)」(旧Gaudio + PCオーディオfan) 様

小型USB DACの正統な進化形~SoundFort DS-200を徹底チェック(2016.3)

入門機種 DS-100+ からどのように進化し、それぞれどのようなニーズに向いているのか、比較レビューの形で詳しく紹介頂いております。

 

Amazon カスタマーレビュー

Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: Soundfort DS-200: ハイパフォーマンスUSB DAC - DSD5.6MHz(DoP), PCM192kHz/32bit対応 -

仕様 / Specification


USB入力

 

DAC

PCM1795DB

USB I/F

SA9226

サンプルレート

32, 44.1, 48, 88.2, 96, 176.4, 192kHz (16/24/32bit)

データ形式

PCM, DSD64/128(DoP方式のみ)

インターフェース

USB2.0 High-Speed / USB2.0 Full-Speed (Audio Class 1.0/2.0)

転送モード

Async(非同期)モード

対応OS

Windows XP/Vista/7/8/10, Mac OS X 10.4以降

デジタル入出力

 

Digital I/F WM8805
入力端子

S/PDIF Coaxial(RCA)×1 Optical (TOSLINK)角形×1

出力端子

S/PDIF Optical 3.5mm丸型×1

※USBからのPCM入力時のみ出力(発光)
※データ形式はPCMのみ対応 (DSDデータの出力には対応しておりません)

フォーマット IEC-60958, S/PDIF Compatible
サンプルレート 44.1, 48, 88.2, 96, 176.2, 192kHz (16bit/24bit)
RCA出力  
出力インピーダンス < 100Ω
最大出力電圧

3Vrms at load 2kΩ

周波数特性

20Hz - 40kHz +0.2/-2.0dB @192kHz/24bit

THD

> 0.0006% at 1kHz 3Vrms

S/N比

< 114dBA

※RCA出力(LINE OUT)は出力レベル固定(ボリュームバイパス/非連動)です。

ヘッドフォン出力

 

ヘッドフォンアンプIC

TPA6120A2

端子

3.5mm ステレオミニジャック

最大出力

300mW (32Ω, THD 1%)

周波数特性

20Hz - 40kHz +0.2/-3.0dB (192kHz/24bit)

THD

> 0.001% (1kHz 50mW)

S/N比

< 101dBA

推奨インピーダンス

16 - 300Ω

寸法 ・重量  
寸法 H48 x W94 x D123mm (突起物を除く)
重さ 約500g
添付品 ACアダプター(6V/2A), USBケーブル (1.0m), 
取り扱い説明書

※製品の仕様及び外観は改良等のため予告なく変更する場合があります。

機器接続例


ご使用上の注意・よくあるご質問


「サポート」→「よくあるご質問」に、DS-200のご使用における留意事項等を掲載しておりますので、ご確認ください。

※Apple製 AirMac Express 第2世代機 (MC414J/A) でのご利用について:

当機の光デジタル入力に、AirMac Express 第2世代機の光デジタル出力信号を入力した場合、音声の再生開始時にクロック同期信号が音声として出力される場合があります。(Apple AirMac Express 第2世代機以外の機種では、本現象は確認されておりません)

詳細は上記「よくあるご質問」をご参照ください。

Windows用ドライバーソフト / Download


次のボタンのリンク先よりWindowsでのDSDデータの再生に必要なASIOドライバー及びインストールマニュアルをダウンロードできます。

尚、MacOS X の場合は特にドライバ等は必要ありません。本製品はDSDのDoP方式での再生にのみ対応しておりますので、DSDの再生設定については、各ハイレゾ再生ソフトウエアのマニュアルをご参照ください。

お知らせ


「Pile-web」 に、Soundfort開発設計責任者、片山のインタビュー記事が掲載されました!

オーディオメディアとして有名な「Phile-web(株式会社音元出版様運営)」に、Soundfort開発設計責任者、片山のインタビュー記事が掲載されました!

Soundfortブランドの成り立ちから、開発コンセプト、片山独自の、こだわりの設計手法の秘密など、これさえ読めば「Soudnfort とは?」がすべてわかってしまうような、大変読み応えのある内容となっておりますので、ぜひご覧頂ければ幸いです。

弊社USB DAC製品の macOS Sierra 対応状況(2016.10.5)

弊社のUSB DAC製品について、下記の製品は全て macOS Sierra で動作することを確認しております。

DS-200

  • DS-100+
  • DS-100
  • QS-9
  • Q-9(ハイレゾ版)

ご参考:動作確認環境

MacBook Air(Early 2014)

システムサウンド, iTunes, Audirvana Plus

MP3, AAC, FLAC, DSD(DSIFF)

 

その他のハードウェア環境、OSのマイナーバージョンアップ等で、認識されない、動作しない等の現象がございましたら、お問い合わせ→テクニカルサポートよりご連絡頂けますと幸いです。

続きを読む